飛行機で沖縄旅行をする際の注意点

台風の影響で飛行機が欠航することがある

沖縄に限らず、台風が接近すると飛行機が欠航することはよくあることですが、沖縄は地理的に台風の影響を受けやすく、台風シーズンともなると、他の地域に比べ飛行機の欠航率が高くなります。台風が接近する予報で飛行機の運行に影響が見込まれる場合は、たいてい何日か前から航空会社のホームページにお知らせが掲載され、手数料が無料で振り替えや払い戻しをすることが可能となります。往路の場合は、残念ながら飛行機が欠航しても自宅に戻るだけで済みますが、沖縄から帰ってくる復路で欠航となった場合は、航空会社のカウンターは振り替えの便を確保しようとする人で大混雑となります。また、延泊となっても宿泊代金は自分持ちとなりますので、注意が必要です。

沖縄から持ち出しが禁止されているものがある

沖縄旅行に行く際は、飛行機で沖縄に入る方がほとんどかと思われますので注意してほしいのですが、実は同じ日本国内といえど、沖縄から持ち出しが禁止されているものがあり、見つかると空港で没収されてしまうことがあります。それは、紅芋を含む生のさつまいもと、空心菜です。沖縄のお土産というと紅芋を使ったお菓子が人気ですが、これらは加工されているため問題はありません。その他にもいくつかの植物も禁止されていますが、馴染みがある品としては、シークワーサーなどの苗木も持ち出しが出来ませんので注意が必要です。また、これらのものは当然ながら飛行機に載せるのが禁止というわけでなく、船で行っても郵便で送ろうとしても禁止ですので注意してくださいね。

竹富島のツアーでは、水牛に乗りながら竹富島の町並みを観覧することができます。そのときに、現地のガイドさんが三味線を弾きながら、アナウンスもしてくれます。