飛行機で沖縄旅行をする事の魅力

飛行機ならば沖縄にすぐ着く

飛行機で沖縄旅行をする事の最大の魅力と言えるのは、本州から船で向かう場合と比べて圧倒的に早く到着するという事です。具体的に言うと沖縄本島であれば関東圏から約3時間・関西圏からであれば2時間半弱という驚異のスピードで到着します。また九州北部の大規模な空港からは約1時間50分ですし、九州の南部からだと約1時間半です。大手航空会社のエコノミークラスの席またLCCの席を予約して5時間を超えるようなフライトを経験する際は長く窮屈な状態を味わい続けなければなりません。しかし、フライト時間が短いのであれば座席間が狭いシートを利用した時でもあまりストレスを感じる事なく移動する事が出来ます。ちなみに九州南部から沖縄本島南部の港に向かう場合は24時間以上かかってしまいます。

遠くからでも短期旅行ができる

本州から船で向かう場合と比べて圧倒的に早く着く事に連動し、飛行機で沖縄に向かうのであれば遠くからでも短期の旅行が可能となります。例えば、九州から沖縄に向かう場合は往復の所要時間が3時間から4時間程度で済みますので、ラクラク日帰り旅行ができてしまいます。そして、日帰りであれば現地での宿泊コストがかかりませんし、混雑期にホテル・旅館がなかなか予約できなくて困ってしまうような事もありません。続いて、関西や関東から沖縄に向かうとなると往復5時間から6時間かかってしまいますが、それでも海外に向かう場合と比べれば移動時間は短くて済みます。そのため、週末を利用した1泊2日の旅が簡単にできますし、滞在時間が短くても構わないなら日帰り旅行をする事も可能です。

与論島の旅行では、与論島最大の絶景ビーチで、干潮の時だけ現れる真っ白な砂浜を楽しめるようです。いつでも見ることができない幻の浜と言われます。